at the table

イギリスの食卓

目玉焼きのせ焼きそば

お好み焼きをおかずに白米を食べれるか否か。

関西出身のわたしでも関西人全員がそうなのかはわからないけれど、たしかに高校生のころ、土曜の半ドン帰りにお好み焼き屋さんに行くと、食べても食べてもお腹が膨れない男の子は焼きそばにご飯とお味噌汁、それに小鉢やお漬けものなどが付いた「焼きそば定食」なるものを食べていたっけ。

ちなみに半ドンっていう言葉をご存じない世代のかたもいるかも知れないので少し触れておきますが、土曜日にも午前中だけ授業があった時代がありまして、それを半ドンといいました。もう死語なのかしらね?

中学生時代は、必ず何かしらの部活に入らなければいけなかったのでお弁当を持って行って食べてからクラブ活動に勤しんだのだけれど、高校生になるといわゆる「帰宅部」だったので、土曜日の帰りは何を食べようか?と友だちとウキウキ相談したもんです。

それにしても半ドンって一年中あっ、なぜか記憶と結びついているのは夏で、ツーンと塩素の入ったプールの匂いが同時に蘇ります。

 

  

これは冷凍庫にあった鶏もも肉で焼きそばです。

ジュージューと皮目を押しつけるように焼くと香ばしくておいしい。

目玉焼きのせ焼きそば

 

個人的な好みなんですが、暑い時期は大好きな魚があまり受けずに肉派になる。そしてやけにソース味が食べたい。そして秋冬はしょうゆ味。

明らかに、なにか気温や湿度が影響してるのでしょうね。

 

YouTubeもご覧下さい。