at the table

イギリスの食卓

車でドーバー海峡を渡る方法

先週の中頃、10日ぐらいの予定でドイツに行く話が急に決まったのですが、この時期、いくらイギリスとドイツが飛行機で1時間ちょっとの距離であっても、公共の乗り物はなるべく使いたくない。

ということで車でユーロトンネルを越えてドイツまで行くことにしました。

 

 

出発当日の朝、田舎町を出てケント州フォークストン(Folkstone )にあるイギリス側のユーロトンネル入り口を目指してひたすら車を走らせます。

f:id:mimulasan:20200917200114j:plain

 

 

途中でコーヒーを飲んだり休憩をはさみながら進んでいきますが、近くなってくると標識がしょっちゅう見えてくるので、そうなるとなんだか安心。

f:id:mimulasan:20200917200156j:plain

 

 

いよいよ乗り場に来ると、まずは発券ゲート。

当日券よりも割安なので事前にネットで購入しておいたのですが、それと同じカードを差し込むと認識してくれ、シールタイプのチケットが出てくるので、それをフロントガラスに貼っておきます。

この時の価格は普通車1台で226ポンドでした。(1ポンド=約140円 2020年9月)

ユーロトンネル


 

やはり国境を越えるのでパスポートとセキュリティーコントロールでいったん止められますが、パスポートを見せるだけで、今まで1度も荷物検査やトランクを開けて見せたことはありません。

もしかしたら抜き打ちでアリかも知れないけれど、わたしが武器商人だったりとある国際的な組織の重要人物だったらどうなんだろう?と毎回思ってしまう場所です。

ユーロトンネル

 

 

続いてすぐ、フランス人(だと思う)によるフランス側のパスポートとセキュリティーチェック。

同様にダダ漏れです。

パスポート

 

 

それを終えたら乗り場のホームに向かって進んでいきます。

ここからはもう簡単。

f:id:mimulasan:20200917200448j:plain

 

 

前の車に続きます。係員さんが「カモーン」と誘導してくれる。

f:id:mimulasan:20200917200456j:plain

 

 

入り口は狭そうで意外と広いです。

ドーバー海峡

 

 

電車内係員さんの指示に従い、エンジンを止めます。車内にはトイレぐらいしかないけれど、この時はコロナウィルスのせいか閉鎖中でした。

でも、フランス側のカレー(Calies)まではわずか35分なので、まず問題は無いと思います。

ユーロトンネル

 

 

あっという間に着きました。下車してホームを出ます。

ここはもうフランス。

フランス カレー

 

 

そしてここからベルギー、オランダを走り抜けてドイツ領に入りますが、この間、これらの国境で検問などは一切ないし兵士も立ってないし、通り過ぎるのみ。

フランスのカレーから最初の目的地であるドイツのケルンまで5時間の道のりでした。

ドイツ

 

 

やれやれ。

ようやくホテルに着いたらおいしいケルンの地ビールで乾杯。

夫よ。おつかれさまでした。

ケルン ビール



こちらの動画でわかりやすく観ていただけます。

 

ほかの動画もこちらからご覧になってください。